低金利キャッシング メリット デメリット

キャッシングのメリット・デメリット

急な入用があったとき、キャッシングできるカードが手元にあると心強いものです。
何かと便利なキャッシングですが、利用するにあたってデメリットはあるのでしょうか。

 

まずはメリットから見てみましょう。
キャッシング最大のメリットは、カード一枚あればいつでもどこでも現金が手に入るという点に尽きます。
キャッシング会社のATMはもちろん、提携しているコンビニATMであれば24時間いつでも引き出しができるのです。
また依頼すれば自分が保有している銀行口座に振込キャッシングを行ってくれますから、何かの支払い日に合わせて融資を受けることもできるのです。
支払う金利も日割り計算で算出されるようになっていますから、次の給料日までのつなぎで借りたいという場合は借りた日数分だけの金利を支払えば良いので、お得に借入できます。
もっと金利を安く抑えたいのならば、無利息キャッシングを行っている会社に申し込むと良いでしょう。
さらに近頃のキャッシング会社は自宅から一歩も外に出ずに申込〜融資まで行えるシステムを整えており、仕事や家事・育児・介護などで外に出歩けない人々も気軽に申込できるようになっています。

 

一方デメリットはどういったところがあるでしょうか。
毎月設定された支払い日に遅れずに返済し、規約を守って利用している人にとってはデメリットはないと言えます。
しかし返済を長期間放置したり、自己破産などの任意整理をした場合は別です。
キャッシング会社と交わした契約に違反する行為をした場合は、不良顧客として個人信用情報機関に事故登録されてしまい、登録された日から5〜10年間はどこの金融機関からもお金を借りることはできなくなります。
個人向け融資は担保も保証人もなしでお金を貸す代わりに、一度不良顧客とみなすとこのように社会的な制裁を加えるような仕組みになっているのです。
これだけ見るとリスクが高いように感じてしまうかもしれませんが、きちんと返済をしている分には全く問題はありませんので安心してください。

 

>>低金利の業者の見分け方と、おすすめ業者一覧はこちら