低金利キャッシング カードローン

キャッシングとカードローンの違いとは

世の中にはお金を借り入れる場所として、キャッシングとカードローンの二種類がありますが、両者に違いはあるのでしょうか。
キャッシングとはクレジットカードに付いているキャッシング機能のことを指します。
借入をした次の決済日には借入した元金とそれまでの金利を合わせた返済額が一括で引き落としされるようになっています。
高額な金額を利用すると返済ができなくなる可能性が高いため、キャッシング機能を利用する人は支払いのことを考えて大きな金額の利用を控える傾向があります。
ですからキャッシング=少額利用という意味で使われてもいました。

 

一方のカードローンはキャッシング専門会社が発行しているカードです。
返済方法はリボルビング方式が主流となっていて、提示された返済金額の中に借入した元金の一部とそれまでかかった利息が組み込まれています。
一括で返済を要求されることがないため、比較的大きな金額を利用する人が多いことから、カードローン=高額利用として捉えられていました。

 

しかし近年はキャッシングもカードローンもほぼ同じ意味で使われています。
これはキャッシングにリボルビング払いが採用され、カードローンに一括返済機能が追加されたからです。
今まで返済方式で差があった両者は、お互いの返済方式を採用したことから差がなくなり、どちらも「お金を借りる」という大きな意味で使われるようになったのです。
キャッシング・カードローン業界には大きく分けて三つの業界があります。

 

消費者金融系
信販系
銀行系

 

どの業界もお金を貸すという目的は一緒なのですが、それぞれ登録している個人信用情報機関が違うのと、適用している法律が違います。
こちらの会社からは借りられるのにあちらの会社からは借りられないという現象を時々見かけますが、それはこういった系列の違いが関係していると考えられます。
一見同じように見えますが、細かく見ると違うということを把握しておけば申し込むときに困りません。

 

>>低金利の業者の見分け方と、おすすめ業者一覧はこちら