低金利キャッシング 借入返済方法

借入の返済方法

キャッシング会社は返済方法を何種類も用意しています。

 

自社保有ATM
提携ATM
窓口
インターネットバンキング
振込
自動引き落とし

 

自社保有ATMは、キャッシング会社が独自に保有しているATMのことです。
返済にかかる手数料等は無料の上、取引内容が詳細に記載された明細書も出てきますから、今自分がどのような状況なのかがすぐに分かるようになっています。
ただ営業時間が決められているところが多く、時間外は取引ができません。

 

提携ATMは、キャッシング会社が提携先と契約しているATMのことを指します。
コンビニに設置してあるATMと契約しているところが多いのが特徴です。
コンビニの営業時間と同じようにATMを利用できますから、年中無休のところだといつでもどこでも利用でいるという利点があります。
ただ自社ATMと違い手数料がかかるケースがありますから注意が必要です。

 

窓口返済は有人窓口があるキャッシング会社に限られます。
近年は経費削減目的で有人店舗を減少もしくは撤廃しているところが多くなっているため、見つけることが難しくなってきています。

 

インターネットバンキングはパソコンやスマートフォンの普及により、急激に増えてきている返済方法です。
インターネットに接続できる環境にあれば、いつでもどこでも返済できるという手軽さや家族や周囲の人にバレずに返済できるという利点があります。
こちらを利用する場合はご自身でインターネットバンキング口座を開設している必要がありますので、ご注意ください。

 

振込返済はキャッシング会社が持っている口座に返済金を振込する方法です。
振込手数料はご自身で支払うところが多いので、納得した上で利用することをお勧めします。

 

自動引き落としは、クレジットカードの返済と同じく指定口座から引き落とししてくれる返済方法です。
返済日を忘れがちな方にはお勧めですが、予め引き落とす日にちが決められている場合が多いので、その日に残高が不足していると引き落としができません。

 

>>低金利の業者の見分け方と、おすすめ業者一覧はこちら