低金利キャッシング 担保 保証人

担保と保証人が不要で借りられるのはなぜですか?

個人向け融資を行っているキャッシング会社のほとんどは担保も保証人も必要なくお金を借りることができます。

 

これは信用貸しで融資を行っているからです。
信用貸しという制度を開発したのは消費者金融業界で、申込人の属性をシステムに入力するだけでいくら貸せるかが瞬時に分かるようにしました。
雇用形態はどうなっているか、勤続年数はどのくらいか、年収はいくらかなど、申込書に書く内容で判断しています。
個人信用情報機関という機関の設立により、個人の借入状況を一手に把握することが可能となりました。
他社の支払いをきちんとしていれば自身の会社でも確実に返済を行ってくれるだろう、逆にきちんと支払いをしていないとなると自身の会社でも返済してくれないのではと考えられます。
申し込む際に本人の了承を得た元で情報照会をし、見るからに他社の借入状況が悪質な場合は被害に合う前に事前に融資を断ることができます。

 

こういったリスクを回避できるのも信用貸しができる要因の一つとなっています。
申込書に書かれた内容と個人信用情報機関の情報を元に、総合的に判断できるスコアリングシステムの開発により無担保無保証が実現したのです。
さらに即日融資というスピード融資も可能にしました。

 

このノウハウは消費者金融と提携した銀行などに伝わり、今ではほとんどのキャッシング会社で利用されています。
もちろん今でも担保や保証人をつけた融資を行っているところはあります。
特に高額な融資の場合は、今でも主流の貸し方です。

 

ただ、2010年に改正された貸金業法のなかの総量規制という法律では、個人向け融資の場合年収の三分の一以内の借入額でないといけないとなっていますから、担保や保証人をつけてまでの高額融資が出来る人が少なくなってきているという実態もあります。
さらに担保や保証人をつけるとそれに伴うトラブルも頻繁にありますから、なるべく無担保無保証でお金を貸したいというところが増えてきているのです。

 

>>低金利の業者の見分け方と、おすすめ業者一覧はこちら